結婚式などのお祝いギフトとして頂くカタログギフトは嬉しいけれど、選びきれず残念な思いをすることもあります。

ギフトカタログから良い品を選ぶコツ

ギフトカタログから良い品を選ぶコツ
ギフトカタログから良い品を選ぶコツ

お祝いギフトで頂くカタログは、楽しいけれど良し悪しはどうか。

結婚式の引き出物といえば、ほとんどがカタログギフトになっているように思います。このカタログギフトをはじめて利用した時には、たくさんの商品から自分の好きなものがもらえるということで、ものすごくわくわくしたり、家族と取りあいになったりしたのを覚えています。最近も親戚の結婚式の際に頂いた、お祝いギフトのカタログが実家にあり、欲しいものがあったら選んでおいてと言われ、あれもこれもいいなと眺めていたのですが、よーく考えると本当にいるのだろうか?と思え、結局決めることができませんでした。そこで母親や兄弟もカタログを見ていたのですが、たくさんあるんだけど特別に欲しいものがあるわけじゃないなぁ、などと言って結局お客さん用の保管のための毛布を選びました。選んだ毛布が届けられ、母親の思っていた手触りと違っていたとのことでしたが、実際に商品を見たり、手に取ったりせずに買い物をするのは難しいことです。実は我が家はこのカタログギフトをせっかく頂いたのに、選びきれなかったり、忘れていたりで申し込み期限を切らしてしまったことが何度かあります。

友人たちに聞いても同じことがあったようなのですが、ある程度申し込みの期限が長いので、まだいいかと先延ばしにしてしまい、結局電話がかかってきて催促されたり、当たり障りのない適当な商品が送られてきたりして、その時にはなぜかもったいないことをしたと感じてしまうのです。引き出物などを送る側にしてはとても便利なカタログギフトだと思います。何かを人に贈るのは、とても仲が良い人以外の好みなど分かるわけもないし、引き出物によくあるお皿なども嬉しいと思ったことがほとんどありません。頂く側が文句を言ってはいけないのですが、欲しくないものをもらうのも嬉しくないし、贈る側に立っても、迷惑じゃないだろうか、好みに合うだろうかなどとと思いながら選ぶのも、本当にお祝いギフトというのは頭を悩ませるところです。

Copyright 2016 ギフトカタログから良い品を選ぶコツ All Rights Reserved.