お祝いギフトは、欲しいものを選ぶ楽しみのある方カタログギフトが、贈られる側にとっても嬉しいものです。

ギフトカタログから良い品を選ぶコツ

ギフトカタログから良い品を選ぶコツ
ギフトカタログから良い品を選ぶコツ

カタログで選ぶのも嬉しいお祝いギフト

お祝いギフトを贈ることという機会は随分と多いのですが、いつも気を遣うのは相手が喜んでくれるかどうかという点です。仲間内で出し合って、高級な壁掛け時計を結婚祝いに友人の所に持って行くと、他の人達も同じく時計をお祝いにしていて、3つにもなってしまったらしく、又時計なのとついため息を漏らした友人に、みんなたくさんのお金を出し合ったのにと腹が立ったことがありました。時計ばかりもらった友人の気持ちになると、なるほどそうだなと後で申し訳なく思いました。私たちが、これがよいだろうと思った物は人も思っているものです。その点に気が利かなかったのは、うっかりだったと反省しました。送られる側の立場になれば、それでもみんなにお返しをしなくてはいけませんから、馬鹿らしい話です。

だから、その日以来、仲間内でお祝いをしようと言う時は、みんなでカタログギフトを物色します。カタログギフトなら、その中から欲しいものが選べますし、内容もバラエティに富んでいます。でも、これもカタログにより、もらう人の目線であるものとないものがあります。自分ならどれをもらったら嬉しいだろうかと複数の人達で見ることで、多角的見地でカタログを選べますから、大抵喜んでもらえるものを選べます。実際私ももらった時には、カタログを見て選ぶ楽しみというのも嬉しかったですし、欲しいものを選ぶことができるのは、同じものが重ならず助かりました。だから、今後もお祝いギフトはカタログでと思っています。

Copyright 2017 ギフトカタログから良い品を選ぶコツ All Rights Reserved.