相手に世論でもらうことが一番のお祝いギフトは、カタログで選んでもらい心から嬉しかったといってもらいたい。

ギフトカタログから良い品を選ぶコツ

ギフトカタログから良い品を選ぶコツ
ギフトカタログから良い品を選ぶコツ

相手が何を好むか解らないときはカタログのお祝いギフト

カタログでお祝いギフトをするというのは、選んでもらえるということで欲しいものをギフトすることができるというのが魅力であるのですが、実はここには色んな惹かれる思いが隠れています。友人の結婚が会費制の五千円で行われた時のこと、これならお金以外に別に何かをプレゼントしなくてはと、親しい人達五人ほどと何にしようかと話し合ったのですが、友人が実際何を欲しがっているのかが解らないので話が中断しました。そういえば、すぐに仕事に復帰するので旅行には行かないと言っていたのを私たちは思い出したのです。仕事が忙しいからというのもあるのですが、結婚と同時にマイホームを購入したために、頭金の支払いで全ての貯金を使い果たしたうえに、これからのローン生活に四苦八苦です。子どもができるまで質素倹約をして、子どものための貯蓄をしておかなければなりません。甘い新婚生活より現実が待っています。

そこで、旅行をプレゼントしたいけど、その気がないかも知れないと、私たちはカタログギフトにしました。みんなで出し合うと大きな金額のカタログを購入できます。内容は、豪華旅行もあれば、新婚さんに必要な電化製品もあります。形になって残るものに使わなくても構わないから、心にもらって嬉しかったという思い出を刻んでもらえれば、私たちは幸せです。友人は、案の定旅行を選ぶことはありませんでした。これから揃えなければならないものがたくさんあるからです。電化製品を選んでくれて、新婚生活に役立っているようです。カタログを贈って正解でした。

注目の情報

  • 気持ちのこもった電報をネットから簡単にお申し込みできます

Copyright 2017 ギフトカタログから良い品を選ぶコツ All Rights Reserved.